【コラム】外国人ってなんでいいにおいがするの?

欧米系の男性の近くに寄ると、なんとなく日本人の男性にはないよい匂いがしたりします。
海外旅行をしたときなど、あまりそうした匂いに慣れていないとそれを感じた瞬間から好感を抱いてしまったりします。
日本人にもきちんと香りに気を使う男性はたくさんいますが、欧米系の人に比べて圧倒的に香りケアをしている男性は少ないでしょう。
そこで、そんな欧米系の男性が普段からどんなふうに香りのケアをしているかということを少し調べてみることにします。

まず結論から先に言うと、欧米系の男性のよい香りのもとになっているのは「デオドラント」と「柔軟剤」の2つです。
デオドラントとは、脱臭や消臭作用を持った薬剤のことをいいます。
香水と少し違うのは、よい匂いのもとになっている成分の他にもともとの体臭を消すための成分も含まれているということでしょう。
デオドラント剤に含まれているのは、臭いのもとになっているバクテリアなどの雑菌が増殖するのを防ぐ成分です。
特に夏場にはたくさん汗をかきますから、外を歩きまわる仕事をしている男性などは夕方頃までにはすっかり汗臭い臭いがついてしまいます。
日本にもドラッグストアなどで制汗剤や消臭スプレーが販売されていますが、それらがもう少しファッション的な使われ方をするものとイメージすればよいでしょう。

なぜ欧米系の男性がデオドランドを積極的に使用するかというと、その理由は体質的にかなりきつい体臭があるからです。
日本人の男性にも体臭はありますが、欧米系の男性は食生活や体つきのためさらに体臭はきつくなっています。
欧米系の男性と結婚した女性などの意見にもよく聞かれることですが、デオドラントやその他の消臭作用のある薬品を使わないままの欧米系の男性の臭いは本当に体臭がきつくて大変だといいます。
もともと香水やデオドラントが発達したのはフランスだと言われており、歴史的に水事情や習慣として毎日きちんと入浴をしないことから始まったものだといいます。
逆説的な考え方になりますが、今現在匂いに気を使わない日本人の男性はもともと体臭が少なく、今匂いに気を使う欧米系男性は体臭がきついということになるのです。
一般的に使用されているデオドラント剤には、スプレータイプやクリームタイプ、ジェルタイプなどいくつか種類があり、その効果や強さもさまざまです。
もしこれからデオドラント剤を使い始めようという人は、特定の一種類のみのデオドラントを使うのではなく、TPOに応じて使い分けをするようにしていくのがよいでしょう。

またデオドラントともう一つ欧米系男性のよい匂いのもとになっているのが、衣服を洗濯するときに使用される柔軟剤です。
輸入製品を扱う雑貨屋さんにいくと「ダウニー(DOWNY)」という名称の柔軟剤が販売されているのを見かけます。
このダウニーは英語圏ではかなり広く使われている製品で、これを使って衣類を洗濯すると独特の芳香がつきデオドラントを使うのと同じような効果を得ることができます。
ダウニーの香りにかかわらず、石鹸の香りがすると清潔感を感じられるものですから、それもまた香りによる好印象につながっているのです。