香水の香りを長持ちさせるには?

・香水の種類で持続時間は変わってくる

香水にもいろいろな香りがあり、最近は強すぎないやさしい香りがたくさん発表されています。
こうした香りなら、電車の中や男性にも不快感を与えないので活用している方も多いかと思いますが、香りがやわらかい分飛びやすいが困りものです。

長持ちさせたいからといってつけすぎてしまうと、つけ始めのときにすごい香りになってしまいますので、つけすぎは禁物。
香水の持続時間は、種類によって異なりますので、長持ちしやすい香りを少量つけるというのもおすすめです。

一般的によく使われているのは「オードトワレ」という種類になりますが、これは大きく分けて4種類ある香水の種類の中で、3番目に香りが長持ちします。
ちなみに一番香りが軽いのは「オーデコロン」というタイプ。
高校生のころによく使っていた、という人も多いのではないでしょうか。

オードトワレは、一度つけたら2時間から5時間香りが持続するといわれています。
このため、夜までは香りがもたないので、付け直しをしなければならないことも。

その次に香りの持続時間が長いのは、「オーデパルファン」というタイプです。
これは5時間から12時間前後香りが持続するので、つけなおさなくても済むケースが多い様子。
その次は「パルファン」というタイプになり、香りの持続時間はオーデパルファンとあまり変わりませんが、香料が一番多く入っているタイプになります。

オーデパルファンやパルファンは、香りの持続時間が長い分、最初につけるときに十分気をつけないと、かなり強い香りを放つことがあります。
チョンチョンとごく少量つければ十分です。

・香水をつける場所

香水の中で一番扱いやすいのが「オードトワレ」になるかと思います。
この香りをできるだけ長く持続させるためには、香水をつける場所を意識してみましょう。

香水は、動脈の通っている部分につけると長持ちするといわれているのをご存知ですか?
耳の後ろや手首、膝の裏などにつけることで、ほかの場所につけるよりも香りが長持ちするのだそうです。

朝外出するときには、香りが強くなり過ぎないように意識しながらこれらの場所につけ、仕上げに空中にシュッと香水を一吹きしてから、その場所をくぐるようにして全身に香りづけすると、強くなり過ぎない上に長時間持続することができます。

また、香水をつける部分を清潔にしておくことも重要。
特に夏場は汗の匂いなどと混ざりやすいので、こまめにシャワーを浴びるようにしましょう。