スクール情報

所定の講座受講が必要

siraberuSアロマに関する資格を取得するためには、在宅もしくはスクールに通学して実際にアロマに関する講座を受講しなくてはいけません。
現在までのところ、アロマに関する資格を取り扱っている団体は日本アロマコーディネーター協会(JAA)や、日本アロマ環境協会(AEAJ)、日本アロマテラピー総合医学協会といったところなど複数あります。

ですがそれらほとんどのアロマ系資格に共通しているのが、資格試験を受験する前には所定の講座を受講し課題を修了していなければいけないということです。

必要な課題を修了することで本試験への受験資格が得られるので、その上で年に数回開催される筆記試験を受験し合格点をとることで資格の認定を受けることができるようになります。

資格によっては必ずしも通学や在宅受講が必須ではないものもありますが、その場合は教材に登場してくるアロマを自分で用意したりして、個別に細かい準備をしていかなくてはなりません。

アロマ用機材の中には個人ではどこでどんなふうに購入をすればよいのかがわかりづらいものも登場してくるので、そうした手間を考えるとやはり認定スクールでテキストと教材をまるごと手配するようにした方がずっと楽だと言えます。

在宅か通学か

アロマの資格試験対策のためには、スクールに直接通って受講をするという場合と、在宅で通信教育を受ける場合とのいずれかから選ぶことができます。
アロマ関連資格を取り扱う団体の多くが、本部施設もしくは直営の施設で独自の資格のためのスクールを開講しています。

他にも資格専門の学校の中でそれらの団体から認定を受けた認定スクールもいくつかあるので、そちらで同じ内容を受講することもできます。
スクールでは通学による受講とともに、通信教育も同時に取り扱っています。
在宅で通信教育を受ける場合には、テキストや講義の様子が収録されたDVDなどが同封されたものが自宅に届くので、教材を使用しながらそれらのテキストを解いていきます。

通学がオススメ

アロマ資格のために学習をするなら、できるだけ通学による受講をおすすめしたいところです。
通学による受講のメリットは、やはりプロの講師から直接指導を受けることができるため疑問点や質問があったときにその都度答えてもらうことができることです。

また、アロマの実習に使用される機材も自分ですべて購入しなくてもその施設内にあるものをレンタルすることができたりするので試験後不必要になりそうなものまで購入しなくてすみます。

ですが実際にアロマテラピストとなったときには自宅用の機器はどうしても必要になってくるので、いつ買うかというタイミングの違いになる可能性はあります。
反対に在宅で受講する場合、メリットとなるのは時間的な拘束が少なくてすむということです。

子育て中の方や、現在別の職種に勤務をしていて将来的にキャリアアップや転職を考えている人の場合、平日の昼間など決まった時間に受講するということが物理的に難しかったりします。

試験は年に数回開催されているので、どんなスケジュールで資格取得を目指すかを自分で決めることができます。

アロマ関連資格のスクール紹介

香料会社ジボダンの香料学校