ハーブセラピスト(ハーブ検定)

「ハーブセラピスト(ハーブ検定)」は、各民間団体が主催するハーブを使用してアロマで人の心を癒やすための知識を備えるための資格です。
「ハーブセラピスト」という名称は日本ハーブセラピスト協会が認定している資格の名称であり、他にも「ハーバルセラピスト:日本メディカルハーブ協会」「メディカルハーブセラピスト:一般財団法人JADP認定」「PAH(Professional Adviser of Herb):NPO法人日本ハーブ振興会」といったように似たような名称と学習内容の資格が存在しています。
どれが最も適しているかということは簡単に判断することはできませんが、中でも最も認知度が高いのが日本ハーブセラピスト協会の主催する「ハーブセラピスト」の資格になります。
他にも数多くの民間団体や資格スクール企業が独自に提供しているハーブ系の資格はありますが、せっかく取得した資格の主催団体が突然消滅してしまうようなことがあるとその資格そのものの信頼性が落ちてしまいますので、できれば信頼性の高いしっかりとした運営状況にある団体の資格を目指すことをおすすめします。

「ハーブセラピスト」で学習をするのは、ハーブに関する基礎知識から、歴史・栽培方法・美味しい利用方法・ブレンド方法とその効能といったハーブに関する知識全般です。
「ハーブセラピスト」の資格は特に受験要件はありませんが、筆記試験だけでなく研修による実務での技能を備えておかなければならないことになっています。
なお1級と2級の等級があり、それぞれ独自に受験することも、一回の試験で併願することもできます。
団体が資格取得のために用意している学習要項もあり、その場合には直接申し込みをして通学もしくは通信教育で必要な学習内容を受けることができます。
資格に合格をしたあとに資格者として名称を使用するには、ハーブセラピスト協会の会員になることが必要になります。
その場合には入会金はありませんが年会費がかかります。

「ハーブセラピスト」の資格を習得して協会の会員になることで、定期的にセミナーを受けることができたり、国内にあるハーブ園へ見学に行って勉強会に参加をすることができます。
アロマにも流行があり、必要とされる配合も時代とともに移り変わっていくのでそうした定期的なサポートが受けられるというのは香りの仕事をしていく上では大変に重宝します。