さまざまな香りのこと

・香りを取り入れる目的

古代エジプト時代から、香りは人々の生活のさまざまな場面で用いられてきました。
別の臭いを隠すため、体につけておしゃれを楽しむためなどその用途は本当にたくさんありますが、それだけ香りは人々の生活で大きな役割を果たしているということがいえると思います。

現代人も、幅広く香りを活用していますよね。
香水をつけているという人もたくさんいます。
香水をつける目的は、自分が体から漂う香りを嗅いで気分を上げるためということもあるでしょうし、周りの人によい香りだと感じてもらうためにつけるという方もいるでしょう。

「香水をつけない女性に未来はない」というココ・シャネルの言葉もあるほどですから、女性と香水は切っても切れない関係にあると思います。
香水は香りが強いから苦手であるという方は、エッセンシャルオイルを香水として用いている方も多いようです。

・香りがもたらす作用

香りは、嗅いで楽しむというのはもちろんですが、そのほかにもいろいろな作用があります。
落ち込んだ気持ちをリフレッシュさせたり、セクシーな気分を盛り上げたり、香りを嗅ぐことで体の不調が改善されるということも。

これらの症状をより深く掘り下げたものがアロマテラピーになります。
アロマテラピーは欧米では医学として認められており、病院の治療でも積極的に用いられているほど。
香りの効果というのは、それほどまでに確かなものなのですね。

・香りを日常的に活用してみよう

これまであまり香りに興味がなかったという方も、ぜひ生活に少しずつ香りを取り入れてみましょう。
アロマテラピーを習得するなどという大きなことではなく、ちょっとしたところに香りを用いると、生活が一気に明るく、快適になります。

例えば、これまでトイレに芳香剤を置く習慣がなかったという人は、ぜひ気に入った香りを見つけておいてみてはいかがでしょう。

専用の芳香剤ではなくても、小さめのルームフレグランスをおいてもよいと思います。
そのほか、リビングにお香を焚いてみたり、何も考えずにただよい香りだと思うエッセンシャルオイルをディヒューザーで焚いてみるというのもよいと思います。

香りを楽しむことで、気持ちがおだやかになったり、リフレッシュするという効果はすべての人が感じることができると思います。
そして、上手に活用することで、生活が彩り、とても快適に過ごせるようになりますので、
ぜひ手軽なものから試してみてくださいね。