アロマテラピーとアロマセラピーの違いって?

アロマを使った用語としてよく似たものに「アロマテラピー」と「アロマセラピー」があります。
ちょっと文字を見ただけでは同じことのようですが、よく見ると「テ」と「セ」の部分に違いがあります。
たった一文字の違いなので、普段あまり香りに関する仕事や生活をしていない人にしてみればどちらかを意識せずに使っているということもよくあります。
反対に、ちょっと香りに詳しくなった人なら、これは別のことを指しているのかそれとも同じことなのかということが気になったりします。

結論からいえば、この2つは特に言葉自体に大きな差があるということではありません。
どちらも香りをかぐことにより人の心を安らがせるようにする手法のことをさしており、特別に使い分けが必要というふうにはなっていません。
あえて違う部分はどこかを説明していくと、「アロマテラピー」はフランス語読みをしたもので、「アロマセラピー」は英語読みということになっています。
ちなみに表記的にはいずれも「aromatherapy」で同じです。

日本においてはどちらかといえば「アロマセラピー」という言い方の方が一般的に浸透しているようです。
「セラピー」は「セラピスト」という言葉があるように、何らかの方法を使って人の心を癒やすための施術を行っていくことを示しています。
「セラピー」という言葉自体が知られているので、自然と「アロマ+セラピー」という理解しやすい形で収まったのではないかと思われます。
主に医療従事の現場で働く人にとっては「セラピー」という言葉の方がなじみが深いこともありそちらの方が定着をしているようです。
もっとも、正確には「セラピー」という言葉は医療現場においては「治療」と同意語で使われることもあるので、「アロマセラピー」は医療行為として認められていないところでちょっと注意が必要です。

日本以外の国を見てみると、アロマを使った療法はかなり本格的な医療行為とされるところとそうではないところとに分かれています。
例えば香りの本場フランスにおいてはアロマテラピーは医師の処方を必要とする治療行為の一貫として扱われていますし、イギリスではエステやスパでのサービスの一つとして提供されています。
そういう意味でもフランス流の「アロマテラピー」よりも、英国風の「アロマセラピー」の方が日本で使用するには感覚が近い言葉といえるかもしれません。

ただし日本でも英国でも、アロマセラピーが医療行為ではないとはいえ素人が適用に行うことができる技術ではありません。
施術にはきちんとした経験や知識に基づくことが大切です。